NERAZZURO

インテリスタの自己満足日記
サッカーを中心にF1などスポーツ全般
たまに音楽とか映画などの話もあるかも
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロナウドがミランへ
ロナウドがミランへ移籍するようですね。よくものこのこと帰って来れるものだ。まあ個人的には、今更過去の事をどうこう言う気はないですが、多くのインテリスタが彼に良い印象を持っていないのも確かです。僕自身も当時は裏切られたという気持ちが強かったです。大きな期待を寄せていただけに、それ以上のくやしさがありました。彼もプロのサッカー選手である以上、チームを去る事は決して悪い事ではないですが、やり方とタイミングが悪かったですね。

ロナウドがミラノに帰ってくるという事で、やはりダービーが注目されるでしょうが、果たしてどんな仕打ちが待っているのでしょうか?ブーイングで済めばいいですけどね(笑)。まあ個人的には、ロナウドはもはや終わった選手だと思っています。今のインテルならば、さほど脅威に感じなくても良いのではないかと思います。むしろアドリアーノが爆発して、世代交代を感じさせる試合になれば良いと思っています。
| サッカー | 06:26 | comments(9) | trackbacks(170) |
13連勝
セリエA第20節フィオレンティーナ戦は、3−1でインテルが勝利しました。

インテル 3−1 フィオレンティーナ

得点:20’スタンコヴィッチ 24’アドリアーノ 70’イブラヒモヴィッチ

GK:トルド
DF:マイコン ブルディッソ マテラッツィ マクスウェル(69’コルドバ)
MF:ヴィエラ カンビアッソ サネッティ スタンコヴィッチ(81’ダクール)
FW:イブラヒモヴィッチ アドリアーノ(86’クレスポ)

イエローカード:ブルディッソ スタンコヴィッチ

この連勝はどこまで続くんでしょうか?相手がフィオレンティーナという事もあり、連勝ストップも少しは頭にあったんですが、問題なかったですね。今のインテルには自信がみなぎっています。先制されても、全く動揺する事なく、簡単にひっくり返してしまう。頼もしい限りです。アドリアーノのコンディションも戻りつつあるので、今後も期待が持てそうです。
| サッカー | 06:04 | comments(0) | trackbacks(3) |
準決勝進出
コッパ・イタリア準々決勝、エンポリ戦2nd legは2−0でインテルが勝利しました。

インテル 2−0 エンポリ

得点:28’カンビアッソ 77’グロッソ

GK:トルド
DF:ブルディッソ コルドバ サムエル(46’Bonucci) グロッソ
MF:フィーゴ(76’Biabiany) ダクール カンビアッソ ソラーリ 
   M.ゴンサレス
FW:クレスポ(79’Ribas)

これで、準決勝進出です。この調子で3連覇目指して頑張って下さい。
| サッカー | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
新記録
セリエA第19節トリノ戦は、3−1でインテルが勝利しました。

インテル 3−1 トリノ

得点:25’アドリアーノ 60’イブラヒモヴィッチ 85’マテラッツィ

GK:ジュリオ・セーザル
DF:マイコン ブルディッソ マテラッツィ マクスウェル(81’コルドバ)
MF:サネッティ ヴィエラ スタンコヴィッチ フィーゴ(64’カンビアッソ)
FW:イブラヒモヴィッチ アドリアーノ(86’ソラーリ)

イエローカード:フィーゴ ヴィエラ

とうとうセリエAの連勝記録を塗り替えました。アドリアーノもまたゴールを決めたし、2007年も良いスタートが切れたんではないでしょうか。まあそんな試合が見れなかったのは残念ですが…。このまま突っ走って、獲れるタイトルは全て獲れるように頑張ってもらいたいです。
| サッカー | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007年初戦を勝利で飾る
コッパ・イタリア準々決勝、エンポリ戦1st legは2−0でインテルが勝利しました。

インテル 2−0 エンポリ

得点:71’アドリアーノ 91’コルドバ

GK:トルド
DF:マイコン ブルディッソ マテラッツィ マクスウェル(81’コルドバ)
MF:サネッティ ダクール(69’カンビアッソ) ヴィエラ フィーゴ
FW:イブラヒモヴィッチ(76’M・ゴンサレス) アドリアーノ

イエローカード:マテラッツィ フィーゴ

2007年初の公式戦を勝利で飾りましたね。コンディションの方はどうだったんでしょうか?アドリアーノもようやくゴールを決めてくれたので、このままトリノ戦でも連発してもらいたいですね。まあ今年も更なる飛躍を期待しています。
| サッカー | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
インテルがフィーゴ残留を表明
最近、毎日のように報道されていたフィーゴのアル・イテハド(サウジアラビア)への移籍の噂はインテルの公式コメントにより終止符を打たれました。インテルの発表によると、フィーゴの他クラブへの移籍に関する交渉は一切行われていないとの事です。

正直ホッとしました。これでとりあえずは冬の間にフィーゴがチームを去ることは無くなったわけですね。たぶん…。まあ夏はわかりませんが。今季のフィーゴは確かに出場機会は減っていますが、それは年齢的な体力の衰えから来る問題で、僕としては決してマンチーニがフィーゴを信頼していないという事ではないと考えています。事実、出場した試合では重要な働きを見せてくれていますし、インテルがスクデット、そしてビッグイヤーを獲得するためには、絶対に必要な選手だと思っています。

ちなみにフィーゴの後釜としてベッカムがやって来るのではないかという噂もありますが、今のところ、冬の間には彼を獲得する必要性はないと思います。フィーゴがいなくなるならば、選択肢の1つとして考えなければならないでしょうが、残留するならば、無理に獲りにいく必要も無いと思います。まあマドリーとすれば、契約延長しないのであれば、移籍金が発生する冬の間に売りたいという気持ちもあるでしょうから、どこかのチームに移籍する可能性は0ではないでしょうね。

ベッカムはキックの精度は世界一と言って良い程素晴らしいですし、インテルには高さのある選手も揃っていますから、彼が高精度のクロスを上げてくれれば、得点機会も増えるでしょう。それにクラブの収入面でも貢献してくれそうですし(笑)。ただ、高額の移籍金を払ってまで、30過ぎのプレイヤーを獲るのは、やはり疑問です。まあ、もし本当にインテルが獲得を考えているならば、夏になってからでいいんじゃないでしょうか。僕としては、あまり好きな選手ではないので、特に必要ないと思いますが。
| サッカー | 01:03 | comments(0) | trackbacks(2) |
コンサ、ベスト4!
何だかわかりませんが、地元コンサドーレが天皇杯ベスト4まで勝ち上がりました。コンサの試合を観たのは10周年の時のヴィッセル戦以来ですが、なんかあの時とは全く違うチームになっていましたね。あれだけ軽かったディフェンスがしっかり集中して守ってるし…。どうなってんの?リーグ戦でもこんなサッカーが出来ていれば、昇格争いにも絡めただろうに。まあ相手がJ1勢ばかりなので、逆に開き直って戦えたのかもしれないですね。

準決勝はガンバ戦みたいですが、ここまで来れば決勝まで行って欲しいですけどね。勢いもあるし、今の状態なら絶対勝てないとは言えないでしょうし。

| サッカー | 02:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
インテル、セリエA連勝記録に並ぶ
セリエA第18節アタランタ戦は、2−1でインテルが勝利しました。

インテル 2−1 アタランタ

得点:65’アドリアーノ 75’OG

GK:ジュリオ・セーザル
DF:マイコン ブルディッソ アンドレオッリ マクスウェル
MF:サネッティ カンビアッソ(46’フィーゴ) ヴィエラ スタンコヴィッチ
FW:クレスポ(91’ソラーリ) レコバ(9’アドリアーノ)

イエローカード:ヴィエラ クレスポ

前半だけを見ると、ちょっとやばいかな?と思ったんですが、後半フィーゴの投入をきっかけに息を吹き返しましたね。今季は4−3−1−2の形が確立されたせいか、出場機会は減っていますが、やはり偉大な選手だという事を再認識させられる試合となりました。

そして、アドリアーノもようやく今季初ゴールを決めましたね。コンディション的にはまだまだでしょうが、後半は本当に気合いが入っている感じで、ゴールを決めたいという意識を感じました。このゴールをきっかけに復活の手応えを掴んでくれるといいんですが。

これで、11連勝。昨季ローマが記録したセリエA連勝記録に並びました。あとはどこまで連勝を伸ばせるか楽しみです。この後はウィンターブレイクに入りますが、怪我人も増えてきたので、インテルにとってちょうどいい休暇になるかもしれませんね。このままの勢いで戦うのも良いかもしれませんが、レコバ、そして、カンビアッソも少し負傷したみたいなので、少し厳しいですね。まあこの間に怪我人が戻ってくれば、ブレイク明けも良いスタートが切れると思います。 
| サッカー | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
10連勝!
セリエA第17節ラツィオ戦は、2−0でインテルが勝利しました。

インテル 2−0 ラツィオ

得点:39’カンビアッソ 85’マテラッツィ

GK:ジュリオ・セーザル
DF:マイコン マテラッツィ ブルディッソ マクスウェル(60’アドリアーノ)
MF:ヴィエラ スタンコヴィッチ カンビアッソ サネッティ
FW:イブラヒモヴィッチ クレスポ(74’フィーゴ)

イエローカード:マテラッツィ マイコン

レッドカード:イブラヒモヴィッチ

10連勝ですか。凄いですね。相手が相性の悪いラツィオという事で、少し心配だったのですが、今季のインテルはそんな事もお構いなしですね。しかも、オリンピコでの勝利は大きいです。次は年内最後の試合となるアタランタ戦ですが、これも勝ってローマの記録に並んでしまいましょう。

スカパーでの放送が無かったので、内容はわかりませんが、イブラヒモヴィッチがまた退場したみたいですね。はっきり言ってカード貰い過ぎです。最近の好調ぶりで、技術、能力は抜群だという事を再認識させられましたが、精神面はまだ未熟なのかな?まあ今は好調なクレスポ、レコバもいますし、次の試合は問題無いでしょうが、大事な局面でいないなんて事がないようにしてもらいたいですね。 
| サッカー | 02:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
クラブ連勝記録更新
セリエA第16節メッシーナ戦は、2−0でインテルが勝利しました。

インテル 2−0 メッシーナ

得点:49’マテラッツィ 59’イブラヒモヴィッチ

GK:ジュリオ・セーザル
DF:マイコン マテラッツィ サムエル(14’ブルディッソ) マクスウェル
MF:ヴィエラ(71’スタンコヴィッチ) カンビアッソ サネッティ フィーゴ
FW:イブラヒモヴィッチ レコバ(63’アドリアーノ)

イエローカード:マテラッツィ マクスウェル

今節勝って、連勝を9に伸ばしました。これで、クラブの連勝記録を塗り替えましたね。最近のインテルは、以前のようなハラハラドキドキな試合は鳴りを潜め、素晴らしく安定していますね。本当にリーグの連勝記録も現実味を帯びてきましたね。

それにしても毎回マテラッツィには驚かされますね。まさかオーバーヘッドを決めるとは…。しかもドンピシャのタイミング。決まった瞬間、「なんだそりゃー!」と叫んでしまいました(笑)。ある意味マテラッツィは世界最高のファンタジスタでは?(笑)。ていうかエンターティナー?今季はディフェンス面も安定していますし、W杯をきっかけに一皮剥けましたね。まあカード貰うんじゃないかとハラハラさせるところは相変わらずですけどね(笑)。

最後にアドリアーノについて。調子は確実に上向いているとは思うんですけど、なかなかゴールを決められませんね。何度か決まりそうなシーンもあったんですが、どうしても決まらないんですよね。1点決めれば何か変わるような気はするんですが…。まあ今季はクレスポ、イブラヒモヴィッチ、レコバが好調なので、長い目で見ることもできますが、そろそろ決めて欲しいですね。
| サッカー | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ