NERAZZURO

インテリスタの自己満足日記
サッカーを中心にF1などスポーツ全般
たまに音楽とか映画などの話もあるかも
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ピーター・アーツ完全復活か!?
K−1参戦から14戦無敗で頂点に立った昨年の王者セーム・シュルトに遂に黒星が付きました。昨年のGPでの戦いぶりは衝撃的で、2年連続で王者に輝いたレミー・ボンヤスキーさえも簡単にリングに沈める程の強さを見せました。そして、4度の王者に輝いたアーネスト・ホーストですら全く相手になりませんでした。

彼を止められる選手は果たしているのか?そんな話題で持ち切りだったK−1界ですが、なんと彼を止めたのは、20世紀最強の暴君(このキャッチフレーズ結構好きです(笑))ピーター・アーツ!判定ではありますが、ファンとしては完全復活を予感させるには十分な結果です。非常に興奮してしまいました(笑)。

これまで、3度の王者に輝いているアーツですが、最後に頂点に立ったのは98年で、7年も前の話です。その間、何度も怪我に悩まされ、本来の実力を発揮できないまま時が過ぎてきました。今思えば、99年(でしたっけ?)にジェロム・レ・バンナに逆転KOを食らったあたりから、おかしくなった気がしますね。アビディに2回連続で負けてみたりと、何か歯車が狂った感じでしたね。観ていても覇気が感じられないというか、何か不安そうな印象を受けました。しかし、昨年のGPでは以前のアーツが戻ってきたような感じがしました。少なくてもコンディションはベストに近い状態に戻っていたのではないでしょうか。まあ結局バンナを破ったものの、試合後に骨折が判明し、勝ち進む事はできませんでしたが、復活を期待させる内容だったと思います。

そんな期待を抱かせつつ迎えた2006年初戦での大金星。最高のスタートとなりましたね。怪我なく、良いコンディションを維持できれば、今年のアーツはもしかするともしかするかもしれません。ホーストだってあの歳で王者に輝いたわけですし、きっとアーツもまだまだいけるはずです。
| K-1 | 09:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
侍魂
武蔵頑張りました。今年も優勝は逃しましたが、2年連続で決勝進出。素晴らしいです。期待はしていましたが、正直、去年の決勝進出はマグレじゃないの?という気持ちも少しありました。しかし、武蔵は見事決勝へと登り詰めました。K−1は毎年のように波乱が起こりますし、実力通りにいかない事も多々あります。それだけこのトーナメントを勝ち抜くのは難しいわけです。それを2年連続でラストステージまで勝ち抜いたというのは、実力的な成長ももちろんありますが、精神的な面での成長が大きいのではないかと思います。

決勝は去年と全く同じカードとなりましたが、ホーストを破り、完全に世代交代を印象付けた、王者レミー・ボンヤスキー相手に良くやったと思います。武蔵は準々決勝、準決勝と連続で延長まで戦っていたため、疲労はピークだったはずですし、実力的にもレミーの方が一枚上手だったと思います。それでも、最後は執念で最終ラウンド(延長2ラウンド目)までもつれ込ませました。延長なんかはもう体が動かなくて、気持ちでやっと手が出せているような状態でしたが、武蔵の勝ちたいという気持ちが表れていたと思います。結果的に判定で敗れましたが、これで武蔵は本当の意味でのトップファイターになった事を印象付けられたと思います。しかし、逆に他のファイター達の見る目も変わってくるでしょうし、より一層厳しい闘いになると思いますが、来年こそは日本人初のチャンピオンになって欲しいですね。

そういえば、僕の一番好きなピーター・アーツですが、また試合中の怪我でドクターストップがかかり、全く見せ場無く、準々決勝でボタに敗れてしまいました。毎年、今年こそは…と思っているのですが、やはりもう肉体的な限界でしょうか。また強いアーツが見たいんですけど、ホーストのようにはいかないですね。
| K-1 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
K−1ワールドグランプリ開幕戦
第1試合、ゲーリー・グッドリッジVSマイティ・モー。腕相撲世界チャンピオンのゲーリー・グッドリッジとマーク・ハントに続き、サモアが再び送り出してきたマイティ・モー。マイティ・モーに関しては全く知らないので、どっちが勝つか全くわかりませんでした。で、勝ったのはマイティ・モー。序盤から激しいパンチを繰り出し、第1ラウンドで3度のダウンを奪い、KO勝ち。圧勝でした。ゲーリーは決して弱いファイターではないので、この強さは本物でしょう。マーク・ハントの再現なるか?

第2試合、アレクセイ・イグナショフVSガオグライ・ゲーンノラシン。この試合は優勝候補の筆頭イグナショフが圧倒するだろうと誰もが思ったでしょう。なにせ体格差がもの凄い。しかし、波乱は起こりました。調整に失敗したのか、あきらかに動きが鈍いイグナショフを本家ムエタイのチャンピオンであるゲーンノラシンがスピードでかき回す。イグナショフはそのスピードに全く付いていけず手数が出ない。コンビネーション攻撃など皆無でした。終始スピードで圧倒したゲーンノラシンは延長の末、判定でイグナショフを撃破。東京ドームへの切符を手に入れた。

第3試合、ピーター・アーツVSマイケル・マクドナルド。この試合を一番楽しみにしていました。なぜなら自分はアーツのファンだからです。何年か前にバンナに大逆転KO負けをくらってから全く精彩を欠き、最近は一撃必殺のハイキックもあまり見られなくなってきましたが、必ず復活してくれると信じています。で、試合の方ですが、まだまだ本調子とはいかないまでも、まずまずの戦いぶりで第2ラウンドにダウンを奪い、判定で貫禄の勝利。これで12年連続東京ドームへのチケットを手に入れました。

第4試合、アーネスト・ホーストVSグラウベ・フェイトーザ。昨年は体調不良で欠場したホーストがどんな戦いを見せるか楽しみでしたが、序盤はフェイトーザのペース。(ちなみにフェイトーザのセコンドにはフィリオが付いていました。)しかし、さすがにミスターパーフェクト。時間が経つにつれてホーストが主導権を握り、判定でストレート勝ち。しかし、フェイトーザは以前と比べると、かなり成長したなという印象を受けました。

第5試合、天田ヒロミVSレイ・セフォー。まあこの試合はセフォーが難なく勝つだろうと思っていましたが、試合は序盤からパンチの打ち合いでなかなか面白かったです。セフォーはまたまたノーガードで応戦し、相変わらず観客を魅了していました。対する天田も何度もパンチを打ち込み、なかなか魅せていました。が、やはりトップファイターの貫禄か、セフォーが一枚上手でしたね。結局セフォーの判定勝ちでした。

第6試合は、スーパーファイト。昨年の王者レミー・ボンヤスキーVS曙。曙はパワーはあるが、やはり動きが鈍い。そして、スタミナがない。たまに効果的な連打を見せるが、その後が続かない。もっとコーナーに追い詰めてどんどん打ち込んでいけば勝機を見出せると思うんですが…。結局、第3ラウンドにボンヤスキーの
ハイキックが見事に入り、曙の巨体はマットに沈んだ。

第7試合は、昨年準優勝と大躍進を見せた武蔵VSシリル・アビディ。アビディは序盤からガンガン前に出てきました。しかし、武蔵はそれに乗らずに自分の戦い方を貫いていました。第2ラウンドにはハイキックが入るなど、武蔵ペース。第3ラウンドは倒すか倒されるかという打ち合いを演じた。結果判定で武蔵が勝利。これで、東京ドーム行きが決定。昨年の準優勝はマグレではないと十分証明できる試合内容でした。

最後の第8試合は、ジェロム・レ・バンナVSフランソワ・ボタ。黄金の左VS元ボクシングのヘビー級チャンピオン。KO劇必至のこの試合、パンチ一辺倒のボタに対してキックを多用するバンナ。この辺、やはりK−1での経験の差が出たような気がします。が、なんと第2ラウンドにボタのパンチが入り、バンナがダウン。さすがに元ヘビー級チャンピオン。一発入れば全くわからない。しかし、終始優位に試合を進めていたバンナはポイントを取り戻しドロー、延長へ。が、ここで怪我があり、バンナが延長辞退。これでボタが東京ドームへ。バンナ悲願の世界王者はまたもお預けとなった。

これで、12月の決勝戦進出は、レミー・ボンヤスキー、マイティ・モー、ガオグライ・ゲーンノラシン、ピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、レイ・セフォー、武蔵、フランソワ・ボタの8名に決定した。
| K-1 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ