NERAZZURO

インテリスタの自己満足日記
サッカーを中心にF1などスポーツ全般
たまに音楽とか映画などの話もあるかも
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
運命のイタリアGP
フェラーリの地元モンツァ。毎年フェラーリのティフォシ達にとって特別なレースとなるわけですが、今回はまた違った意味で特別なレースとなります。このイタリアGPのレース後にフェラーリの来季のラインナップ、そして、M.シューマッハの去就が発表されます。現役続行か?それとも引退か?ベネトン時代からシューマッハを応援してきた僕にとっても特別な一日になりそうです。

しかし、その前にまずはレースですね。前回再び2ポイント広げられ、12ポイント差となってしまったミハエルですが、もはや後がありません。ミハエルに出来る事は残り全てのレースで勝つこと。それしかありません。ただ、例えそれが出来たとしてもアロンソがミハエルの真後ろでゴールし続ければ、アロンソを捕まえる事は出来ません。やはりセカンドドライバーであるマッサのサポートが必要不可欠です。最後はチーム同士の戦いになりそうですね。

さて、そんなイタリアGP予選ですが、ポールを獲ったのはミハエルでもアロンソでもなくなんとライコネンでした。2位に入ったミハエルとの差が僅か1000分の2秒差という大接戦を制し、今季3度目のポールポジションを獲得しました。アロンソはタイヤがバーストするというトラブルに見舞われた影響もあり、5位に沈んでいます。

マッサがアロンソの前に入った事によりフェラーリにとって都合の良い展開になりましたが、スタートを失敗してしまえば元も子もありません。マッサがスタートの良いルノーを押さえる事が出来るかどうか。それが最初のポイントですね。Q2を見る限り、フェラーリ、ルノー、マクラーレンの純粋な速さとしては、ほぼ互角とみて良いでしょうから、おそらく三つ巴のバトルになるのではないかと思われます。それだけにチーム戦略が大きなウェイトを占めるのではないでしょうか。モンツァはハイスピードでオーバーテイクもしやすいコースなので、面白いレースになるでしょう。

予選結果
 1 ライコネン(マクラーーレン)
 2 M.シューマッハ(フェラーリ)
 3 ハイドフェルド(BMW)
 4 マッサ(フェラーリ)
 5 アロンソ(ルノー)
 6 バトン(ホンダ)
 7 クビサ(BMW)
 8 デ・ラ・ロサ(マクラーレン)
 9 バリチェロ(ホンダ)
10 フィジケラ(ルノー)
11 トゥルーリ(トヨタ)
12 ロズベルグ(ウィリアムズ)
13 R.シューマッハ(トヨタ)
14 クルサード(レッドブル)
15 スピード(トロ・ロッソ)
16 クリエン(レッドブル)
17 リウッツィ(トロ・ロッソ)
18 アルバース(ミッドランド)
19 ウェバー(ウィリアムズ)
20 モンテイロ(ミッドランド)
21 佐藤琢磨(SUPER AGURI)
22 山本左近(SUPER AGURI)
| F1 | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:53 | - | - |









http://calcio1908.jugem.jp/trackback/453
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ