NERAZZURO

インテリスタの自己満足日記
サッカーを中心にF1などスポーツ全般
たまに音楽とか映画などの話もあるかも
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ありがとうシューマッハ!
2006年F1最終戦、ブラジルGP。優勝は母国での勝利となったフェラーリのフェリペ・マッサ。同時にルノーのフェルナンド・アロンソが2年連続のワールドチャンピオンに輝きました。ルノーはコンストラクターズタイトルと共に2年連続でダブルタイトル獲得となりました。ただ、マッサが母国優勝したせいで、アロンソが脇役的扱いになってしまいましたね(笑)。

そして、現役最後のレースとなったM.シューマッハは最後のレースを4位という結果で終える事になりました。10番手からのスタートとなったミハエルは素晴らしい走りで、わずか2周あまりで6位浮上。その後、ロズベルグのクラッシュの影響でのセーフティカー導入を挟み、9周目の1コーナーでフィジケラをパスした直後に突然ミハエルのマシンが挙動を乱します。原因はタイヤのバースト。またしてもミハエルに悲劇が襲います。これで緊急ピットインを余儀なくされたミハエルは最後尾に順位を落とし、トップのマッサと1周近いギャップをつけられてしまいました。この時点でミハエルのチャンピオン獲得の可能性は、ほぼ消滅してしまいました。

しかし、ミハエルはこれに気落ちする事無く、ここから怒涛の走りを見せます。他を圧倒する異次元のペースでファステストを連発し、ぐんぐんトップ集団に追いついていきます。表彰台には届きませんでしたが、最終的にはフィジケラ、ライコネンも抜き4位フィニッシュ。彼の走りには感動すら覚えました。神はミハエルにこれからのF1を担っていく若者達に本当のチャンピオンとは何なのかを教える役目を与えたのかもしれませんね。そう思いたいです。

僕個人としては、ベネトン時代からずっとM.シューマッハを応援してきたわけですが、言いたい事はありがとうの一言ですね。来季から彼のいないレースを見るのは寂しいですし、もっと続けて欲しいという気持ちもありますが、ここは彼の決断を尊重したいと思います。そして、来季から一体誰を応援していこうかとは思っていましたが、やっぱりフェラーリでしょうね。M.シューマッハの移籍と共に、いつのまにかフェラーリのファンになっている自分がいたのも確かですし。来季からフェラーリのドライバーとなるライコネン、そして今年急成長を見せたマッサにはぜひタイトルに向けて頑張って欲しいです。

最後にSUPER AGURIについて。琢磨が今季最高位の10位フィニッシュとなりましたね。今のマシンの状態を考えると、これは本当に立派な成績です。今季最後のレースで最高の結果を得られた事で、とても良い終わり方が出来ましたね。来季の飛躍に期待したいです。

レース結果
 1 マッサ(フェラーリ)
 2 アロンソ(ルノー)
 3 バトン(ホンダ)
 4 M.シューマッハ(フェラーリ)
 5 ライコネン(マクラーレン)
 6 フィジケラ(ルノー)
 7 バリチェロ(ホンダ)
 8 デ・ラ・ロサ(マクラーレン)
 9 クビサ(BMW)
10 佐藤琢磨(SUPER AGURI)
11 スピード(トロ・ロッソ)
12 ドーンボス(レッドブル)
13 リウッツィ(トロ・ロッソ)
14 アルバース(ミッドランド)
15 モンjンテイロ(ミッドランド)
16 山本左近(SUPER AGURI)
17 ハイドフェルド(BMW) 
| F1 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:18 | - | - |









http://calcio1908.jugem.jp/trackback/480
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ