NERAZZURO

インテリスタの自己満足日記
サッカーを中心にF1などスポーツ全般
たまに音楽とか映画などの話もあるかも
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
侍魂
武蔵頑張りました。今年も優勝は逃しましたが、2年連続で決勝進出。素晴らしいです。期待はしていましたが、正直、去年の決勝進出はマグレじゃないの?という気持ちも少しありました。しかし、武蔵は見事決勝へと登り詰めました。K−1は毎年のように波乱が起こりますし、実力通りにいかない事も多々あります。それだけこのトーナメントを勝ち抜くのは難しいわけです。それを2年連続でラストステージまで勝ち抜いたというのは、実力的な成長ももちろんありますが、精神的な面での成長が大きいのではないかと思います。

決勝は去年と全く同じカードとなりましたが、ホーストを破り、完全に世代交代を印象付けた、王者レミー・ボンヤスキー相手に良くやったと思います。武蔵は準々決勝、準決勝と連続で延長まで戦っていたため、疲労はピークだったはずですし、実力的にもレミーの方が一枚上手だったと思います。それでも、最後は執念で最終ラウンド(延長2ラウンド目)までもつれ込ませました。延長なんかはもう体が動かなくて、気持ちでやっと手が出せているような状態でしたが、武蔵の勝ちたいという気持ちが表れていたと思います。結果的に判定で敗れましたが、これで武蔵は本当の意味でのトップファイターになった事を印象付けられたと思います。しかし、逆に他のファイター達の見る目も変わってくるでしょうし、より一層厳しい闘いになると思いますが、来年こそは日本人初のチャンピオンになって欲しいですね。

そういえば、僕の一番好きなピーター・アーツですが、また試合中の怪我でドクターストップがかかり、全く見せ場無く、準々決勝でボタに敗れてしまいました。毎年、今年こそは…と思っているのですが、やはりもう肉体的な限界でしょうか。また強いアーツが見たいんですけど、ホーストのようにはいかないですね。
| K-1 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:20 | - | - |









http://calcio1908.jugem.jp/trackback/76
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ